Mrうどんの備忘録

プログラムの備忘録

dxlibのインクルードファイルを相対パスにする その1

どーも久しぶりです(・ω・)

前回dxlibを使ったプログラムを紹介しましたが、dxlibに限らずopencvなどのライブラリを使う時はインクルードファイルを設定します。
しかし、別のパソコンで開発する時に毎回ライブラリの場所を指定し直さないといけないのでとても面倒です。
そこで今回は2回に分けて、dxlibを例としてインクルードファイルを相対パスにする方法を紹介しますヽ(・∀・)ノ

⑴公式サイトからdxlibを落として解凍する
今回はC++で開発するのでこれhttp://dxlib.o.oo7.jp/DxLib/DxLib_VC3_18c.exe

⑵リファレンスを見ながらプロジェクトを作成する
Visual Studio Community 2017 を使用した場合のDXライブラリの使い方
http://dxlib.o.oo7.jp/use/dxuse_vscom2017.html

ここ重要!!
⑶⑵で作ったプロジェクトの.slnファイルと同じディレクトリ(場所)に「Library」フォルダを作り、「Library」フォルダの中に⑴で解凍したファイルをすべて入れる
↓こんな感じにするとよいです。
f:id:udon-bibouroku:20170716000626p:plainf:id:udon-bibouroku:20170716000630p:plain

その2へ